HOME > 歯列矯正

歯列矯正

歯列矯正とは

歯列矯正のイメージ

本来歯には、力を加えられると力が加えられた方向に移動する性質があります。その性質を利用して、適合する矯正装置を装着、歯に一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし、悪い歯並びや噛み合わせ、いわゆる不正咬合を治すのが歯列矯正です。

大人の歯列矯正(成人矯正)・・・

成人矯正とは、大人になってから始める矯正のことです。昔は、矯正治療というと子供が行うものというイメージが強かったのですが、最近では矯正治療も多様化し、ニーズにあう矯正治療を選択できるようになってきました。子供との大きな違いは、一般生活と切り離せないという点です。働いている方も多いと思いますが、ライフスタイルに合わせた歯列矯正の方法を選択することが成人矯正の大きな特徴といえます。

大人の歯列矯正の種類とメリット・・・

大人の歯列矯正の種類には、以下のようなものがあります。

短期間で治療可能なインプラント矯正

小さな人工の歯を支点とし、効率的に力を加える治療法です。

費用を抑えて治療可能な表側矯正

歯の表側にブラケットと呼ばれる装置を付けて歯を動かす一般的な治療法です。

人に気づかれずに治療可能な裏側矯正

歯の裏側に装置を付ける新しい分野の歯列矯正法です。

一部だけを安く、速く治療可能な部分矯正

上記の治療法のうち一部に適用することで実現する矯正の方法です。

子供の歯列矯正(小児矯正)とは・・・

小児歯科のイメージ

小児歯列矯正とは、大人の矯正のように負荷をかけて動かすというよりは、顎の成長をコントロールすることで、適正な歯並びに整えていくという考え方のほうが分かりやすいかもしれません。また、乳歯から永久歯に生え換わる時期でもあるので、それをふまえた上で、矯正治療を行うことが大切です。

子供の歯列矯正のメリット・・・

成人矯正と比べ、小児歯列矯正は顎の成長をうまく利用して行えるという点にあります。無理に力を加えずにコントロールしながらの治療となるので、意図的に抜歯をしなくても済む場合もあります。また、社会人のように限られた時間の中で忙しい思いをして通う必要がない点もメリットといえます。

子供の歯列矯正の時期とポイント・・・

子供の歯列矯正は、幼児期、小学生、中高生と年齢によって治療法が異なります。

幼児期の歯列矯正

乳歯が正しく生えるかどうか、それによりその後の永久歯の生え方が変わってきますので、事前に問題が起こるのを予防すると考えます。

小学生の歯列矯正

この時期は歯列矯正というよりも、顎が正しく成長するようにサポートすることが多くなります。
顎に適切なスペースがあれば、永久歯がキチンと生えてきますので、最も矯正治療に適した時期ということができます。

中高生の歯列矯正

中学校を卒業する頃になると、顎の成長も終わり、大人と同じ骨格になると言われています。
ですので、後は学生のうちに受けるか、社会人になってから治療を開始するのかがポイントです。

歯列育形成

歯列育形成のイメージ

歯列育形成とは、低年齢(5~8歳)から治療を開始し、歯並びが悪くなる大元の要因を改善する矯正方法です。歯並びが悪くなる原因のほとんどはアゴが小さいことです。
アゴが小さいためにすべての歯がきちんと生えることができず、混み合って生えてきたり(乱ぐい歯)、八重歯になったりします。従来の矯正治療ではこの原因に対するアプローチが少なく、便宜的に歯を抜くなどの処置で対応してきました。つまり対症療法が行われてきたわけです。

歯列育形成の特徴

今までの常識で考えられるよりも、歯やアゴをもっと美しくできるということです。
それは技術的にも簡単であり、患者さんにとっても楽であるという二つのすぐれた点を持っています。従来の歯列矯正は一度出来上がった咬みあわせを壊して再構築する方法ですが、歯列育形成によって始めからきれいになった歯並びは、自然に出来上がった咬み合わせとなっていること大きなが特徴と言えます。

歯列育形成が適した年齢

歯列育形成を始めるには、理論的には年齢が低ければ低いほど、顔を美しくできるということがいえます。事実、その点では大いに効果があります。
その理由は、年齢が低ければ低いほど、骨の発育に変化を与えやすいからです。
しかし、幼児への対応ということがありますので、実際には二歳半か三歳頃から始めるのが理想です。遅い場合には、永久歯が生え始めの頃から行うこともあります。

メリット

  • 以前は走る時、体を傾けていたのにまっすぐ走るようになった。
  • いつも口が空いていたのに閉じていられるようになった。
  • 普段の姿勢が良くなった。
  • 以前よりはっきり発音できるようになった。

などがあげられます。