HOME > メンテナンス

メンテナンス

メンテナンス

イメージ写真

お口を歯科的年齢で大別すると、若人期、成人前期、成人後期、老人期に分かれます。
GOOD-SMILEシステムのマスタープランにそって健康治療をすすめれば、お口の中の不快感や食事のときの不自由さ、しゃべりにくさ、よくないイメージの口元・口臭などすべてが改善されて、すばらしいクオリティ・オブ・ライフの入手が可能となります。

若年期(30歳前後まで)

若人期は歯も失われていず、歯周組織も健全であることから、この時期にGOOD-SMILEシステムでムシ歯や歯周病の健康治療をし、3ヶ月ないしは6ヶ月に1度の定期検診を実施して、再発防止のための予防治療(メンテナンス)をつづければ、8020(80歳で20本の白歯を残すこと)はほぼ完璧に達成されることとなります。

成人前期(31歳~45歳前後)

成人前期の場合でもお口の若さを保つことは可能であり、健康治療を実施してメンテナンスをつづけていれば、その時点で得た最善な状態は生涯にわたって維持できるのです。

成人後期(46歳~60歳前後)

すでに若さを保つのが不可能なほど多数の歯が抜けて歯の支持組織が悪化し、咬合状態の破壊が進んでいる場合でも同様です。その時点での最善状態の維持は十二分に可能です。
これがGOOD-SMILEシステムの大きな特長で、歯の修理・修復が主目的で、やがては総義歯にならざるを得なかった古典的な治療法との決定的な違いなのです。

老人期(60歳以上)

ほとんどの場合、歯周病も進行し、ムシ歯は歯根まで侵し、残る歯は数本というのが現状です。これは成人後期の悪い状態を放置しつづけていたツケと言うべきですが、しかし、この状態になっても、残っている歯は、できるかぎり保存しなければなりません。
この段階では、歯を失ったことや不適合な義歯による咬合の不調和により、顎関節の異常はもとより、歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨)が感染症に侵されやすくなり、それらを予防する意味からもメンテナンスが、よりいっそう不可欠となってきます。