スタッフブログ

2013年9月13日 金曜日

マタニティー歯科


今日は『妊娠と歯』についてです(^^♪

妊娠中にお母さんの歯が悪くなるのは、つわりなどで口の中の掃除が出来にくくなることが原因です。

妊娠によってホルモンのバランスが崩れるため、歯肉が炎症を起こすことが多く、
余計に歯ブラシを入れることを恐れてしまいます。


できる限りお口のお掃除に努めましょう!

何よりも大切なことは正しい食生活を保って、胎児に栄養をいきわたるようにすることです。

妊娠中の歯科治療については、妊娠4ヶ月から7ヶ月ぐらいは安定期ですので、
ほとんどの治療を受けることができます!

それ以外の時期でも、痛みを我慢していると出産にも影響が出ますので、
必ず歯科に受診するようにしてくださいねflair

出産のご予定のある方は、早めにお口のクリーニングをオススメしますshine


芦屋駅前歯科・矯正クリニックFacebook

http://www.facebook.com/AESK.Clinic

投稿者 芦屋駅前歯科・矯正クリニック(satsuma-dc.com) | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL